建設現場で重宝される資格「コンクリート技士」

施工管理 コンクリート技士

ちょっといいっすか?

ここ最近、取ってみようかなぁ~って検討している資格があるんだけどさ。
みんな「コンクリート技士」って聞いたことあるかな?
「公益社団法人 日本コンクリート工学会」が試験をおこない認定している民間資格なんだけどさ、民間資格といってもかなり難易度が高くRC造の建設現場ではかなり役立つ資格なんだよ。

コンクリート技士の受験資格にはいくつか条件があるんだけど、一応クリアしているし、もし取得すれば、RC造のスペシャリストにもう1歩近づくことなる訳だから、勉強して受験してみようかなって。
ただ、コンクリート技士の合格率って30%に満たない程度だから、けっこう難易度が高いんだよな。施工管理技士の2級も同じくらいだったから、かなり本腰を入れて勉強しないと。
コンクリート技士の上にはさらに「コンクリート主任技師」って資格があって、この合格率が10%未満っていうんだから、ちょっとやそっとじゃ取得できない超難関の資格なんだよ。

建築士や施工管理技士などは専門学校とか通信講座などでも受講できるから、講師から勉強の方法や受験対策みたいなことを教えてもらえるんだけど、コンクリート技士って超々マイナーな資格だから、受講できる学校や通信講座なんてないんだよ。
参考書だって普通の本屋では売ってないしな。

それでも、聞くところによると、コンクリート技士やコンクリート主任技師の有資格者はどの現場でも重宝されるらしいんだ。
受験勉強中であっても、その知識が現場で役立つから、まだ合格していなくても歓迎されるんだって。それほどの資格ならば、取らない手はないでしょうって思うしな。

男なら、いつだって新しいことに挑戦することに臆してちゃダメだし、ここいらでもう一発、俺の底力見せてやるか!

さて、そうと決まればこうしちゃいられない。とりあえずは、ひとっ風呂あびてビール空けるか!www
みんなも飲み過ぎずに、ゆっくり休んでくれよな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です