迷い猫 飼い主募集!

ちょっといいっすか?

実は先日、現場の朝礼が終わって事務所に入ろうとした時に、どこからともなく「ミャー」って、か細い子猫の鳴き声がしたんだよ。
「どこにいるんだ?」と思って鳴き声がするあたりを探していたら、生まれて間もない黒猫の赤ちゃんがひょっこり現れたんだ。
親猫がどこかにいるだろう、と思って注意してみたけど現場近くで猫を見かけたことは、これまで無いし、兄弟猫らしき子猫も見当たらねぇ。

「まさか、誰か捨てていったのか?」

もしそうだとしたら、とんでもないヤツだ。
現場は重機やダンプが頻繁に出入りするから、子猫が現場内をウロウロしてたら、ひとたまりも無いんだぜ!

なので、いったん保護はしたものの現場事務所で飼育するわけにもいかないし…。
家に連れて帰ろうか迷ったんだけど、一人暮らしではちゃんとした世話ができない。
考えに考えた挙句、ダンボール箱に「迷い猫 飼い主募集!」と貼り紙をして職人の休憩室に置いてたんだ。

そしたら、昼休みの休憩中に、人相が恐くてとても動物が懐かないような鳶の職人さんが「監督ぅ、この子猫、俺が連れて帰ってもいいすか?」って声をかけてきたんだ。

俺「え?もちろんだけど…。君、猫が好きなの?」
鳶「俺も嫁も、猫、好きっつーレベルじゃないっすよ!俺んち、今、3匹いるっすよ!」

猫LOVEの職人さんのお陰で一件落着はしたんだけど、動物だからって命を軽くみてるヤツはやっぱ、許せないよなぁ。

今日のところは、これでお終い。
今夜も冷え込んできたし、暖かくしてゆっくり休めよ。

コメントを残す