土木のセコカンになってりゃ良かったなぁ~!?

土木のセコカンになってりゃ良かったなぁ~!?

ちょっといっすか?

今日は、いま土木施工管理技士がアツい!って話をしようと思うんだけどさ。

俺は前職が鳶だったことから、流れで今の建築施工管理技士になったわけだが、今さらだけど、土木のセコカンになってりゃよかったなぁ~と思うところを色々と発見したんだよ。

いま土木施工管理技士がアツい!ポイント

土木ってさ、建設業の中でも特に3Kの代表格みたいな業種ってイメージだろ?俺なんか、それに加えて、仕事がしんどい割には給料が安いってイメージが強かったから、当時、施工管理技士の資格を取ろうと思ったときに、土木のセコカンなんて眼中になかったわけよ。

ところがさ、土木で施工管理をする分野って、そりゃもう色々あるじゃない?俺も当時は視野が狭かったよね。

建物を建設する場合はもちろん、一般道路や高速道路、鉄道やトンネル工事なんかも土木の施工管理技士なしでは進められないし、河川の護岸工事や海岸の堤防建設にも土木施工管理技士の存在は絶対に欠かせない。

 

扱う工事の種類の豊富さもだけど、なんたって工事のスケールがでかくて、まさに安全の根底に関わるプロフェッショナルってところも魅力なんだよな。

ここ最近では、防災のための改修工事災害復旧の需要が多くて、土木施工管理技士もあちこちで引っ張りだこらしい。

たぶん、そういった理由からなのか、報酬も吊り上がってきているみたいだから、これから施工管理者を目指す人は、土木を選択肢にいれてもいいと俺は思うぜ。

 

うちの会社にも建築施工管理を追い抜く勢いで、土木施工管理の派遣依頼がきてるらしいし、ベテランじゃなくても高給優遇される案件が多いみたいだから、よかったら案件を紹介してるページも覗いてみてくれよ。派遣でこの待遇かよ!ってビックリするかも知れないぜw

 

よし!今日はここまでだけど、これからも土木の施工管理について感じたことなどは、みんなにシェアしていくからさ、よろしくな。

 

それじゃあ、今日もゆっくり休めよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です