ICTを知れば建設の未来が見える!!

ICTを知れば建設の未来が見える

ちょっといいっすか?

以前から、現場事務所のスタッフから、やたらと「ICT」って言葉を聞くんだけど、みんなはICTって知ってるか?

俺自身、何となく知ってはいるんだけど、頻繁に耳にするようになってきたもんだから「こりゃ、ちゃんと理解しないとバカにされるかも?」と思って、この前しっかり調べてみたんだ。

ICTとは?

ICTってのは「インフォーメンション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー」の頭文字をとった略語で日本語に訳すと、「情報通信技術」のことらしい。つまりIT(情報技術)に通信によるコミュニケーションを重視した技術のこと。まぁ、日本語にするとイメージしやすいな。

こんなことまで出来る土木でのICT活用

それで、建設業にこのICTがどう関わっているのか?ということなんだけど、これがかなり驚きなんだよ。

主に土木での話になるんだけど、言ってしまえば、調査・設計の段階から竣工の報告書作成まで、従来では人がやっていた作業をすべてICTがやるってわけ。もちろん、施工もだよ。

そこで肝心なのが、土木の現場でどんな風にICTが使われているかってことなんだけどさ。

まずは、測量。ドローンで撮影した画像をデータ化して3D図面に落とし込み、ICTがそれを元に設計や施工計画をたてる。

土木設計なので、当然、切り土や盛り土などの工事が発生するんだけど、切り土による泥の排出量や盛り土に必要な土量をICTが自動的に算出するんだ。

これまでは、測量だけでも相当な工数が必要だったわけだが、設計図や土量の算出、工数や工事予算までをドローンが撮影したデータがあれば、あっという間にやっつけてしまうっていうんだ。

無人の重機が施工?まじかよ?!

で、それだけじゃないんだ。

いちばんの驚きはIoTっていう技術をICTと併用することで、重機が自動運転で設計データ通りに働いてくれるんだ!

オペレーターがいなくても重機が自動で働くなんて、どんだけだよ!って思うよな。その精度がどれほどなのかは、俺も現場で立ち会ったことがないから分からないけど、でも、粗工事だけでも図面通りにやってくれて、トラブル要員としてオペレーターが控えていれば問題ないよな。

建設業の未来は明るいぜ!

あと、極めつけは検査にともなう作業だ。これまでは俺たち施工管理技士や設計士がダメがないか、ひとつひとつ入念にチェックして記録していたけど、この作業もドローンを使ったICTでやれるんだ。

夢のような本当の話だけど、建設業ってこれからもっともっと進化していくんだろうな。

みんなも好奇心や向上心を忘れずに、ICTがバリバリ使えるセコカン目指して頑張ろうぜ!俺たちセコカンの未来は明るいぞ!

コメントを残す