脚立は高所作業に入らねぇって気抜いてやいないか?

脚立は高所作業に入らねぇって気抜いてやいないか?

危険と背中合わせの高所作業

ちょっといいっすか?

施工管理技士(現場監督)の使命のひとつに「無事故・無災害の達成」があることは、建設業に関わっている、いないに関係なく広く知られている事実だ。

建設業として括られている中には様々な職種があり、どの職種もひとつ間違えば命を取られてしまう危険なものばかり。

その中でも、もっとも危険と背中合わせなのが「高所作業」だ。

俺も施工管理技士として働く前はとび職として働いていた経験があるから、高所作業の恐ろしさはよく分かっている。

現場の種類にもよるけど、建設現場の中にはいろんな箇所で高所作業が行われている。外壁沿いの足場工事はよく目につくので一般の人にも認識されているが、建物内でも電気の配線工事や管工事、天井の軽天工事なども足場を掛けて工事することが多いんだよな。

もちろん足場上での作業は大きな危険をともなう。しかし今は安全帯の性能アップに加えて、きちんとした使用方法が定着したこともあり、作業員の落下事故って年間に数件あるかないか。

道具や資材の落下による第三者事故

実はそれよりも足場上から道具や資材を落としてしまい、下にいる第三者に怪我を負わせる事故が多いんだよ。

だから高所作業に臨む職人には、自分の身を守ることに加え、手元や足元に危険があることを口酸っぱく喚起している。職人は作業に集中してくると、どうしてもそういう部分への注意が抜けてしまいがち。だから、潜在的に脳裏に焼き付けさせることが大事なわけで、これがKY活動の本当の意義ってわけ。

昔から後を絶たない脚立からの落下事故

職人の中でも、高所作業って何十メートルもある高さでの工事をイメージしている人もいるみたいだが、そういう訳じゃない。特に建物の内部では「脚立」を使用する場面が多くあるが、それも高所作業の範囲となる。

脚立の使用を全面禁止している建設会社もある

脚立や梯子の正しい使用方法については安全衛生基準にのっとることが基本だが、元請会社の意向で使用を制限または禁止することもある。脚立は便利で使い勝手がいいが、昔から落下事故のトップにはいるくらい事故が多いツール。

だから、脚立の使用を希望する場合は朝のKY用紙にその旨が記入されていなければ、俺は絶対に許可しないし、使用を許可した場合は使用状況を必ず自分の目で確認するようにしているんだ。

施工管理技士の担いのひとつにある「安全管理」

俺は俺なりに安全についていつも真剣に向き合っている。そこでお願いだ。あんたも自分の安全に対する考えに今いちど向き合ってくれ。

そして一緒になって無事故・無災害の現場をこれからも増やしていこうぜ!

コメントを残す