令和3年度にはじまる施工管理技士の制度改正が「オイシイ」理由

令和3年度にはじまる施工管理技士の制度改正が「オイシイ」理由

ちょっといいっすか?

施工管理技士に関心がある人なら知っている人も多いかもしれないが、令和3年度から施工管理技士の資格制度が大きく変わるんだよな。

施工管理技士の資格制度がガラリと変わる!

これまで、それぞれの施工管理技士1級も2級も学科試験と実地試験の両方を合格しないと資格が与えられなかったが、
令和3年度の試験からは学科試験、実地試験という呼び方から「第一次検定」「第二次検定」という呼び方に変わり、
第一次検定を合格すると「技士補」という資格が与えられるようになる。

もちろん第一次に合格後、第二次検定に合格すれば、施工管理技士の資格が与えられるのだが、最悪、二次に落ちたとしても技士補として仕事ができるし、
次回の第二次検定に技士補として再チャレンジできるってわけ。

この制度、めちゃくちゃよくね?
って言うのも、技士補のニーズあるでしょって話。

施工管理技士をサポートする大切な相棒

ちなみに技士補って何する人なの?ってことなんだけど、
現場には必ず「監理技術者」として施工管理技士が配置されなければいけないんだが、その施工管理技士をサポートする、いわば補佐役ってことなんだ。
つまり、技士を補佐する役割なので技士補って呼ばれるわけ。

技士補を採用すると会社が儲かる?!

で、今回の制度改正でスゴいのは、これまでは施工管理技士1人につき1現場のみの配置だったが、
技士補を現場に配置しておけば、施工管理技士が2つの現場を兼任できるようになったこと。

これは現場を受注する会社にとって、かなり大きなメリット。
だから、はじめにも言ったように、めちゃくちゃニーズあるだろ!ってことなんだよ。

たぶん、この先「技士補の人材を1人でも多く確保して受注可能数を増やしたい」会社がドドーンと増えてくるだろうと俺は予想してて、
なお且つ、技士補から施工管理技士になれるように会社でしっかりサポートしつつ、現場の受注数を倍々に増やすみたいな。

そうなると会社の視点で見れば技士補の存在って、かなり輝いて映ると思うんだ。
これって、施工管理技士を目指している人にとって、いろんな意味で追い風になるんじゃないかな。

これから施工管理技士を目指す人にも大きなメリットが

あ!それと今回の制度改正でのメリットがまだまだあったよ!

実はこれまでの制度では、学科試験に合格しても実地試験の受験資格の有効期限が翌年までで、もしも翌年までに合格しなかったら振り出しに戻って学科を受験しなければいけなかった。

しかし、令和3年度からは技士補の資格者は無期限で第二次試験の受験資格が与えられるらしいんだ。

それに加えて、2級の二次検定に合格した人、つまり2級の技士補から施工管理技士となった人は合格から間髪入れずに1級の一次検定も受験できるようになった。
頭に入れた知識がホヤホヤのうちにステップアップできるってことは、かなり大きなメリットだと思うぜ!

どうだい、これを機にこれまで受験を躊躇していた人は是非チャレンジしてみないか?そして一緒に建設業界を盛り上げていこうぜ!