これからの施工管理が考えておく事

ちょっといいっすか?

今年のメインイベントと言えばやっぱり東京オリンピック・パラリンピックだったよな。開催まで大変な工事とコロナの影響でどうなるかわからなかったけど、とにかく無事に終わってホッとしたよ。

次に控えている国家的プロジェクトと言えば、2025年の「大阪万博」と、2027年頃の「リニア開通プロジェクト」だな!それ以外にも、インフラ整備や古い建造物の管理といった工事もずっと続くので、俺たちの業界は有難い事に仕事が無くなる可能性はほとんどないのが現状だ。

それを踏まえてだ!

今日は俺たちセコカンが、今後の為に考えておかなくてはならないことをレクチャーするぞ!何?どうせ資格だろって?いや、資格も大事なんだけども、それ以上に考えておかないと置いてかれるぞって事だから、これからもセコカンをやっていく奴なら聞いて欲しいぞ!

人材には限りがある!

少子化に高齢化が進んでいるんだから人が足りないのは当たり前だ!どうあがいたって今の人口比率じゃしょうがない。俺たちの建設業界以外にも「人手不足」は起こっているんだぜ。そんな状況で、3Kの代表である建設土木業界に若い人材は入ってくるだろうか?答えはおそらくほとんどいない。これが現実。

ならば、人材確保の為にシニア層も積極的に俺たちの業界に取り組んでいくべきだと思う。もちろん若い人材の確保も行いながら、シニア層も働きやすい職場環境を作っていかなければならない。人材確保は人事部や人材派遣会社の人が頑張るだろうけど、職場環境を整えるのは俺達セコカンの役目だぜ!これからは限りある人材を大切にすることが俺らの使命だ!

解らないじゃすまない。ITとAIの導入と活用!

職場環境を整える1つとして、これまで大変だった労力と無駄を減らしていく必要がある。その為に、現場内でのIT技術とAIを利用した情報活用がセコカンには必須のスキルとなる。具体的には、タブレットを活用した工程の共有やペーパーレス化の実現。ドローンや無人ロボットを活用した測量や危険個所での施工といった事だ。

専門の業者にやらせればいいじゃない?って、甘い考えを持ってるセコカンは未来は無いな。人材不足によるコスト高を押さえるための自社運用管理は当然になってくる。そうした時に、出来ない!解らない!って言うセコカンに現場のみんなついてくると思うか?資格勉強も当然大事だけど、最新技術に興味を持って学ぶことはこれからの俺たちには必須だぜ!

施工管理は現場第一主義を貫け!

現場事務所に籠ってるセコカンは三流。セコカンなら現場に出てなんぼだ。って昔言ってた人がいたけど、これは本当の話。結局、紙やパソコンの上じゃ実際現場がどうなっているのか解らないってことだよ。

職人さんの中で、黒板持って写真撮るだけの人って思われているセコカンも多い。現場に出て、その日の気温を肌で感じ、実際の作業現場を確認してどういう工事を行うかって事を、午前と午後で毎回確認して実際にやってみるくらいでないと、職人さんや作業員さんの工事の進み具合なんて一生解らないぞ。セコカンなら、現場第一主義を貫いてこそ一流に近づけるんだぞ。

結局は人と人とのコミュニケーション

と、これまで色々とこれからのセコカンが考えておくべきことを述べてきたけどどうだった?うん、そうだよな。「できる訳ねーよ!」って声が聞こえてきたわ!全くその通りで、毎日忙しい俺たちが、ここまでやったら時間がどれだけあっても足りないし苦労も相当なもんだ。

だから「人に頼む」んだよ。頭を下げてね。

少しずつ、信頼できる同僚や職人さんや作業員さんに任せてもいいことを頼むしか時間を作れないし負担も軽くならない。その為に普段からのコミュニケーションはとても重要だ。この人になら頼んでも大丈夫って人がいたら、「忙しいところ申し訳ないですが宜しくお願いします!」って頭を下げて頼んでみよう。その人が快く引き受けてくれて責任感を持ってやってくれたら、その人と君とのコミュニケーションはパーフェクトと言えるぞ!

よし今日はここまでだ!

俺たちの未来を考えた俺の意見はどうだったかな?

これからも仕事は忙しいけれど、俺たちセコカンが頑張ってこの業界の3Kを「かっこいい」「かしこい」「稼げる」の3Kに変えていこうな!